リペアサービスセンターでのスタッフの日記
 

テクニカル修理サービス 日本人スタッフの日記

 

   前日     現地:ロンドン 8月22日(水) 翌日  

 

                                 カレンダーに戻る


 今日からリペアセンターがオープン! "第一号の修理到着"

 

中島 浩貴サービスチームは2つのシフトに分かれて

リペアセンターに入ります。


私は前半のシフト:7:00-16:00

(後半のシフト:14:00-23:00)
数日後にこのシフトが入れ替わります。

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo少しずつですが、アスリート達が選手村に到着し、
時折、入村式の国歌が聞こえてきますが、午前中は修理依頼なし。
その間に、貸出用車いすのメンテナンスや修理用機材の改造などを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo写真は「振れ取り台」という道具で、車輪のバランスを整えるための道具です。もともと自転車用なのですが、車いすのプッシュリング(ハンドリム)に干渉しないよう、自作した金具を先端に装着して使用します。


こういう改造も、スタッフ同士がアイディアを出しながら行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo義足のアライメントツールも、実際に義足をセットして、ますます雰囲気が出てきました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo午後、ロンドンパラリンピック第一号の修理依頼。

 

車いすのキャスター部の修理・部品交換。
アメリカ製の車いすで、工具やパーツの規格も若干異なるため、多少、改造を加えながらの修理となりました。

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo続けて2件目もアメリカ製の車いす。


電動アシストホイールのハンドリムの修理です。
取付部にはセンサーが組み込まれているので慎重に行いました。

 


 

 

 

 

Paralympic_photo帰り道、ホテルの通りにある売店で、テレビ番組のガイド雑誌を購入、いわゆる「ジャケ買い」です。

 

 

 

 

 

 


 

 

明日から、徐々に忙しくなってきそうです。

 

 

 

 

 

オットーボック・ジャパン(株) プロダクトスぺシャリスト:中島 浩貴


 


オットーボック・ジャパン ホームページ

オットーボック・ジャパン
ホームページ

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック ドイツ本社
Passion for Paralympics

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック ドイツ本社提供
パラリンピックビデオ

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック Twitter へ...

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック Facebook へ...

Link