リペアサービスセンターでのスタッフの日記
 

テクニカル修理サービス 日本人スタッフの日記

 

   前日     現地:ロンドン 8月25日(土) 翌日  

 

                                 カレンダーに戻る


 今日は、他社製品も修理にお応えする、そんな修理センターの倉庫をみてみよう! 

 

中島 浩貴ロンドンは、昨日の夕方から雨が降ったりやんだり。
今朝も路面が濡れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo朝一番は、修理の依頼も多く無いので、スタッフもリラックスしています。

 

 

今日は、JAPANチームの陸上競技のスタッフの方々が、リペアブースを訪ねてきてくださいました。
実際の作業場を案内する中で、溶接等金属加工もできることをお伝えすると、「円盤投げ用の投てき台の改良をお願いしたい」とのこと。
お役に立てれば何よりです...

 

 

さて、今日持ち込まれた車いすは、スポークが一本欠損していました。
24インチという標準的なの大きさのホイールでしたが、どのスポークも長さが合わない・・・パラリンピックではよくある話です。

 

 

 

 

 

Paralympic_photoということで、26インチ用のスポークを短く切って使うことに。その後に使うのがスポーク用のスレッドカッター。つまり、ねじ切り道具です。

 

カッターの距離を調節しながら何度もハンドルを回すと、新しいスポークの完成です。パーツ在庫が完璧に揃ってる方が勿論ありがたいのですが、加工機械があるほうが、個人的には安心感が高いです。

 

 

 

 

 

Paralympic_photoちなみに、これが在庫のストックルーム。
大量のタイヤやキャスター、ホイール。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

Paralympic_photo陸上用車いすに使うカーボンディスクもあります。
結構高いんです...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photoライナーや、各種材料なども...

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

Paralympic_photo勿論、競技用のものも。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photoそして、あの競合製品も...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo午後は、天気が荒れて、時折激しい雷雨になりました。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

明日から3日間、14:00~23:00のシフトに切り替わります。


 

 

 

 

 

 

オットーボック・ジャパン(株) プロダクトスぺシャリスト:中島 浩貴


 


オットーボック・ジャパン ホームページ

オットーボック・ジャパン
ホームページ

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック ドイツ本社
Passion for Paralympics

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック ドイツ本社提供
パラリンピックビデオ

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック Twitter へ...

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック Facebook へ...

Link