日本人スタッフの日記 (ソチ パラリンピック)
 

テクニカル修理サービス 日本人スタッフの日記

 

   前日     現地:ソチ ロシア連邦 3月8日(土) 翌日  

 

                                 カレンダーに戻る


    日本人選手の活躍を間近で!。狩野選手、金メダルおめでとうございます。

 

Paralympic_photo今日はアルペンスキー会場の「ROSA KHUTOR Alpine Center」へ。ここにも、小さいペアブースを設け、緊急対応ができるようになっています。

 

ROSA KHUTOR Alpine Center の場所はここ

Link

 

朝7時。ホテル前の気温は9℃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo100m位歩いたところにある別の温度計は6℃(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photoいずれにしろ、寒くない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photoゴンドラに乗って、雪道を歩き、また別のリフトに乗って、スキー会場へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo春ですねー。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo各国のチームがスキーやボードのチューンをする部屋が集まる「ワックスセンター」。ワックスの選択が勝敗を左右するので、当然秘密部屋。個室です。


奇遇にも日本チームの部屋の隣がオットーボックのリペアブース。

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photoスキーと車椅子。改めて見ると、新鮮な組み合わせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo

スタンドは結構、人でいっぱいです。


 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photoスタンドの裏側はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo

今日はまともな修理が1つもなく、幸運にも日本人選手の活躍を間近で見ることができました。
狩野選手、金メダルおめでとうございます。

 

ヤフースポーツナビにピックアップ.. .Link

Paralympic_photo

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo

以前は、「ソチのコースは硬くて弾かれやすい」と聞いていましたが、今は「柔らかすぎてエッジが効かない」「横に流れ出したら止められない」という状況のようです。
コース上の雪はこんな感じです。氷のツブツブ。

 

見ていると、多くの選手が転倒していましたが、
その中で安定した力を発揮できるのはさすがとしか言えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo

オットーボックの新製品「ProCurve」を装着したドイツの選手と遭遇。
テストライダーも兼ねていたとの事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo

パラリンピックでのスノーボード種目は今大会から。今後の展開に期待。
彼なりの工夫で、体重移動を容易にするためにヒール(かかと)側を少し高くして、ダンパーの調整も色々考えているようです。ブーツやウェアともカラーが合っていて、かなり格好いい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo

今日は夕方までアルペンスキー会場にいる予定でしたが、日本からのゲストの方に応じるため、選手村のリペアブースに急遽戻ることになりました。
400mハードルの日本記録保持者 為末 大 氏です。

 

NHKで放映するパラリンピックの特集番組の取材でソチに入っており、選手や大会をサポートする、オットーボックのリペアブースに興味を持たれたようです。
競技やアスリートの話、素材や道具の話など、色々と話をすることができました。

 

 

夕方、リペアブースのシフト終了。今度は再び海側の「コースタルクラスター」へ移動。
オットーボック主催のレセプションパーティーに出席しました。
アスリートではなく、大会関係者が対象なのですが、2020年を見据えて東京オリンピック/パラリンピックの関係者も招待されているため、私も同席することに。

 

 

 

 

Paralympic_photo

「コースタルクラスター」見た「マウンテンクラスター」。山から下りてきたって感じです。


 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo

パーティーは、大会関係者の宿泊先になっている「パラリンピックファミリーホテル」で開催。
昨日、開会式でもスピーチを行ったIPC会長のクレバン卿が冒頭で挨拶。
パラリンピックに対する「パッション」を語ります。

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo続いて、大会組織委員長のドミートリイ・チェルヌィシェンコ氏。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photoソチのオリンピック/パラリンピックの組織委員会や東京からのお客様など、日本からは20名以上が参加して頂きました。東京大会が、パラリンピックの飛躍点になればいいなと強く感じました。

 

写真はFacebookより引用 Link

 

 

 

 

 

パーティー終了。
そしてまた山へ戻りました。
明日は再び選手村のリペアブースへ。

 

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボックは、ソチ2114パラリンピック冬季大会の公式の修理サービスプロバイダーとして義肢、装具、車いすの修理サービスを提供しています。

#Sochi2014 #Ottobock #PassionForParalympics

 


 

                                 カレンダーに戻る

 

 

 

 

オットーボック・ジャパン(株) プロダクトスぺシャリスト:中島 浩貴


 


オットーボック・ジャパン ホームページ

オットーボック・ジャパン
ホームページ

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック ドイツ本社
Passion for Paralympics

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック ドイツ本社提供
パラリンピックビデオ

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック Twitter へ...

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック Facebook へ...

Link