日本人スタッフの日記 (ソチ パラリンピック)
 

テクニカル修理サービス 日本人スタッフの日記

 

   前日     現地:ソチ ロシア連邦 3月11日(火) 翌日  

 

                                 カレンダーに戻る


  雨!アルペンのスーパー複合競技の開始時刻は遅延、午後ようやく競技再開

 

Paralympic_photoホテルを出ると、天気予報どおりの雨。
さらに霧が出てきて、前のゴンドラが見えるかどうか、という視界の悪さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photoさらに高度を上げると、霧のエリアを通過したらしく雨がやみ、視界が開けてきました。一安心。

 

写真は、ゴンドラから見下ろす選手村です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo

こちらは、ゴンドラから見下ろす競技会場
右側の扇形の建物が、観客スタンドで、その正面にゴールがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photoしかし、競技会場に到着してしばらくすると、再び天候悪化。雨もそれなりに降ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo

アルペンのスーパー複合競技の開始時刻は遅延となりましたが、観客の為に、スクリーンでアイススレッジホッケーの試合が流れています。


 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo

そして、今日は東日本大震災より3年。
スタンド近くで、私も黙とうを行いました。


後から聞いた話ですが、日本選手団の方々も黙とうされ、また、IDパスに追悼のマークをつけられていたとのこと日本から離れていても、皆さんの気持ちは同じ想いのようです。

 

 


 

Paralympic_photo一人の選手がチェアスキーを持ちこんできました。
バケットシート(選手が座る椅子の部分)の「背もたれを低くしてほしい」との要望

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photoチェアスキーのバケットシートは、タイトなフィッティングが求められるため、選手の身体の型を取って、カーボン等の素材で作られたものが殆んど。
背もたれを低くするには切るしかありませんし、一度切ったら元には戻せません。
が、選手もそれは百も承知で、さらに話を聞いてみると、それなりの理由があることも判りました。

 

 

 

 

 

Paralympic_photoということで、切ります。
カーボンが割れないように慎重に切っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Paralympic_photo形が決まってきたら、やすりをかけて細かい修正をかけながら、身体に合わせたラインを出していきます。
背もたれの上の白いテープは、カットするラインを決めるために貼ったもの。


背もたれの高さを低くすると、
身体の動かし方も滑り方も大きく変わるはずなのですが、この選手なりに考えた末の決断なのだと思います。

 

今日の競技には参加しないようでしたが、新しいチェアスキーで滑るところを見てみたいです。

今日も車椅子の空気を入れたり、クッションがちょっとはがれたのを接着剤でつけたり、など、
細かい作業がちらほら。
そもそも、競技がストップしていて、選手たちも待機が続いているので、修理も発生しません。
こちらは、プロテクターの修理の様子。
固定用ストラップがずれてきてしまうのを、ちょっとした工夫で直します。
写真は、オットーボック・ロシアのTigran。

 

 

 

Paralympic_photo午後になってようやく競技再開。
本来、競技の一部を他の日に延期し、今日は回転(スラローム)のみとなったようです。
しかし相変わらず霧は残り、コースのコンディションは前にも増して悪くなっていたようです。


 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo全ての選手が同じ条件で競うので不公平ではないにしても、
それぞれが自分の滑りを出しきれない状況は、少し気の毒に感じました。
残念ながら、この天気は明日も続く予報です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、Yahoo JapanのSportsNaviの記者の方がリペアブースに取材に来られ、その企画の一つとして、2020年の東京大会へのメッセージを贈りました。
写真が、下記のサイトで公開されています(3/10のものです)。

 

Paralympic_photo

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/special/other/sochi_para/to_tokyo2020/photo

リペアブースのスタッフも、東京大会を楽しみにしています。

 


 

                                 カレンダーに戻る

 

 

 

 

オットーボック・ジャパン(株) プロダクトスぺシャリスト:中島 浩貴


 


オットーボック・ジャパン ホームページ

オットーボック・ジャパン
ホームページ

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック ドイツ本社
Passion for Paralympics

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック ドイツ本社提供
パラリンピックビデオ

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック Twitter へ...

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック Facebook へ...

Link