日本人スタッフの日記 (ソチ パラリンピック)
 

テクニカル修理サービス 日本人スタッフの日記

 

   前日     現地:ソチ ロシア連邦 3月13日(木) 翌日  

 

                                 カレンダーに戻る


   鈴木選手がスラロームで金メダル獲得!おめでとうございます。

 

Paralympic_photo昨晩からの雨がすっかりやんで、日差しが強い。
雪がものすごい勢いで溶けたら、またコンディション悪くなるなーと思っていたのですが、意外と暑くない。空気は冬の冷たさでした。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo今日はアルペン会場。
アルペン会場に向かう為には、ゴンドラ⇒ゴンドラ⇒リフト を乗継ぎますが、なぜかタイミングが悪く、最初のゴンドラが大混雑。彼らはパラリンピックのボランティアスタッフ。カラフルな衣装はロシアのスポーツウェアブランド「BOSCO」社製。ロシアナショナルチームのユニフォームも手掛けています。

 

 

 

 

 

Paralympic_photo

ゴンドラから見る景色。雪もそんなに溶けてない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo乗り換えたゴンドラで一緒になったのは、ロシア山岳連盟のスタッフ。パラリンピックのアルペン会場で、レスキュー隊として勤務中。彼らが着てているのは、やはりロシアのアウトドアウェアブランド「RED FOX」。初耳のブランドですが、素材はまともなものを使っている。
「恰好いいですね」と言ってみると、「縫製が良くないんだよねー。本当はノースフェース(アメリカのブランド)が欲しいんだー。」とか言ってました。お疲れ様です。

 

 

Paralympic_photo今日一緒に働くアントニーというスタッフが、すれ違うリフトに乗る選手をみて、急に「あの選手知ってる!」と声を上げました。

 

 

 

 

 

Paralympic_photoこの選手は、昨日選手村のリペアブースに来た韓国の選手で、転倒で上半身を傷め、リペアブースで上半身を覆うパッドを作成したとの事。
その時の写真がこれ(アントニー提供)。

 

 

 


 

Paralympic_photo「結構大変だったよ」 そうでしょうとも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photoリフトから見下ろすと、今まで競技で使われていなかったコースをスタッフが一所懸命整備しています。


明日行われる、スノーボードのコースです。

 


 

 

 

 

Paralympic_photo今日もちょっとした修理が何件かあった他に、「工具を貸してほしい」という依頼もたまに来ます。
リペアブースがここにあることが、少しずつ認知されているのかもしれません。
道具は本来貸し出さないのですが(その間、他の修理ができなくなるかもしれないので)、すぐに戻す約束をして、貸してしまいます。

 

 

 

 

 

Paralympic_photo

ウズベキスタンの選手がやってきました。依頼は「スキーのビンディングの調整」。作業は難しくないのですが、調整用のボルトが硬くて回らない、とのこと。確かに硬い。 

リペアブースで用意しているドライバーは、根元にスパナをかけて、より大きなトルクをかけられるタイプなので、なんとか回す事が出来ました。

 


 

 


「スキー板を抑えていて欲しい」と頼んだら、なぜかカメラにポーズを取るウズベキスタン選手。

何度かビンディングの硬さを確認して、O.K.をもらいました。

 

Paralympic_photoアルペン会場では今日も日本人の活躍を見ることができました。


鈴木選手がスラロームで金メダル獲得。
おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo日本チーム3個目の金メダル。
国別獲得数でも、ロシア、ドイツ、ウクライナに続く4位です。また、チェアスキーの男子部門は、これまで全て日本人が金メダルを獲得しています。

 

 

 

 

 

 

 

Paralympic_photo今日の業務終了は21:30。
コースもどんどん暗く、寒くなりますが、戻るためには一旦ゴンドラでゲレンデを上らなければいけません。そして乗り換えの度に凍えながら歩きます。

 

 

 

 


 

Paralympic_photo2人とも冷えてしまったので、ホテルにのレストランで、一緒にボルシチを飲みました。美味。
ようやく食べた、まともな「ロシア料理」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日もアルペン会場。
新種目のスノーボードクロスが楽しみ。

 


 

                                 カレンダーに戻る

 

 

 

 

オットーボック・ジャパン(株) プロダクトスぺシャリスト:中島 浩貴

 

 


オットーボック・ジャパン ホームページ

オットーボック・ジャパン
ホームページ

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック ドイツ本社
Passion for Paralympics

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック ドイツ本社提供
パラリンピックビデオ

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック Twitter へ...

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック Facebook へ...

Link