パラリンピックをサポートするオットーボック社


Race to Rio 2016
パラリンピックをサポートするオットーボック社

 

9月7日からリオデジャネイロで始まるパラリンピックを盛り上げるために、オットーボック アジアパシフィックの子会社がリオデジャネイロまでのレースにチャレンジしています。
(9つの子会社の社員140名の参加に加え、7月からオットーボック本社のコミュニケーション部門、装具部門、EEMEA地域担当部門、コントローリング部門、そしてロシア、イギリスが参加しました。)

各子会社からリオまでの距離を社員で分担して9/7の開会式までにリオに到達しようという試みです。日本からリオまでの距離は18,585Km。オットーボック・ジャパンからは19名の社員が参加して、ウォーキングやランニング、スポーツを通しリオまでの旅を進めています。お揃いの歩数計を付け社員一人の目標1日8,000歩を達成するために、毎日頑張っています。

<スタートして17週目の最終結果>
リオに中国が1位、インドが2位でゴール!10週目からはレースを折り返し、今度はリオから折り返して各国に向けて走り続けていまましたが、最終結果が出ました。

結果としては日本は6位となってしまい、少し残念な結果かもしれませんが
個人成績でIT市川さんが見事にTOP5に入っています!

もし2018年の平昌パラリンピックでもレースがあるようでしたらさらに上位を目指して頑張りましょう!みなさま本当に長い間お疲れ様でした。

 

whats_new
whats_new

 参加国

12ヶ国:
オーストラリア、韓国、日本、インド、東南アジア、インドネシア、中国、香港、フィリピン 、ロシア、イギリス、ドイツ(本社マーコム部門、装具部門、コントローリング部門、EEMEA地域担当部門)

 方法

各国の参加者には、スマホと連動するデジタル歩数計を付けて、歩いた歩数を積算していくことで、リオまでどの国のチームがいち早く到達するかを競い合います。
(各国からリオまでの距離に応じたファクターを乗じて公平性も考慮されています。)

whats_new

 スタートとゴール

5月25日スタート、9月7日ゴール(リオ パラリンピック開催式9月7日)
期間中の様子はこのホームページ上にブログ形式で掲載を行います。

 

<Race to Rio ブログ>

 オットーボック・ジャパンKick-off

Race to Rio 2016 に向け、参加者の意気込みを確認するためにキックオフを開催しました。チーム名も「SAMRAI Samba」、日本の力強さとブラジルサンバの融合!

 whats_new

 

 各子会社でも盛り上がっています。

 whats_new

 

 

 

オットーボック ドイツ本社 パラリンピックサイト

オットーボック ドイツ本社
Passion for Paralympics

Link

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック Facebook へ...

Link

 

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック Twitter へ...

Link

 


パラリンピックでの修理サービス

パラリンピックでの修理サービス
に関するお問合せ

Link

 


オットーボック・ジャパン ホームページ

オットーボック・ジャパン
ホームページ

Link

 

 

オットーボック ドイツ本社 ロンドンパラリンピックサイト

オットーボック ドイツ本社提供
パラリンピックビデオ

Link